白髪の生える場所により原因が違う?

白髪は様々な部位に発生するものですが、部位によって白髪の原因が異なることがあります。1本や2本の白髪では関連性を考える必要はありませんが、特定の部位に繰り返し白髪が生えるようならば何か特定の原因について考えた方がいいかもしれません。

 

頭頂部は白髪のできやすい部位で、つむじあたりに白髪が1本見えたりすると歳を感じたりするものですが、頭頂部の白髪は加齢ではなく外的要因による白髪の可能性があります。

 

その主なものは紫外線です。紫外線は皮膚がんの原因だとしてUVカットなど対策の必要性が周知されるようになりましたが、これは高エネルギーな紫外線が細胞そのものを殺してしまったり特に細胞核の遺伝子情報の一部を破壊してしまったりするためです。

 

そして、紫外線が色素を作るメラノサイトを破壊すれば当然ながらそのメラノサイトが色素を供給していた毛髪は白髪となります。頭頂部の中でもつむじのあたりは髪に遮られず紫外線が直接当たりやすいため、このような紫外線による影響が出やすいのです。もし頭頂部に集中して白髪が出るようならば帽子の着用などを考えるべきです。

 

また、ストレスは白髪や抜け毛の原因となり毛髪に悪いことが分かっていますが、特に額の生え際に影響が大きく出るというデータもあります。ただしストレスによる影響は頭皮全体に現れますので生え際に遠いからストレスの影響ではないとは言えません。頭皮に外的刺激が加わりやすい部位の毛髪も白髪になりやすいとされます。

レーザー脱毛 メリット