女性の白髪はホルモンバランスの乱れが原因?

白髪は男女問わず発生する髪の老化現象ですが、その発生機序は男女で多少の違いがあります。男性の場合は単純に頭皮の細胞の機能低下や老化、ストレスなどによるものが大変ですが、女性の場合はさらにホルモンバランスの異常が大きな割合を占めるようになります。

 

女性は、閉経前は毎月の生理によってめまぐるしくホルモンバランスが変動しますし、閉経を迎えると急に女性ホルモン分泌が止まるために大きなホルモンバランス変動を招き、いわゆる更年期障害を発症します。いずれの場合も髪は大きな影響を受けることとなります。

 

毛髪の育成には、女性ホルモンであるエストロゲンが大きな役割を担っています。エストロゲンの分泌量が多く安定している女性は男性に比べて髪がつややかで美しいのですが、その一方で初経を迎えた女性は以降ホルモンバランスの絶え間ない変動に晒されることになります。

 

生活習慣が安定していて栄養摂取状況も十分ならば極端なホルモンバランスの崩れは起こりにくいのですが、ひとたびバランスが崩れるとてきめんに肌や髪にも影響が出始めます。そして毛髪に送られるはずの色素が送られなくなったり、色素を送る細胞が機能しなくなったりすると白髪の発生となるわけです。

 

女性にとってホルモンバランスの乱れは白髪に限らず様々な美容上の問題を引き起こしますし、月のものの辛さも増すことが多いです。そのためできるだけ安定した生活習慣を送り、ホルモンバランスを乱さないように心がけましょう。

レーザー脱毛 メリット