ストレスが多いと白髪も増える?

よくストレスの多い生活を送っていると白髪が増えるなどといった話を耳にすることがありますね。半ば本当のことのように扱われているこのストレスと白髪の関係ですが、実際のところどうなのでしょうか?

 

白髪は毛髪に正常に色素が送られなかったために発生するものです。そしてその原因は複数考えられますが、色素を送る頭皮の細胞などが正常に働いていない事が多いです。

 

そして、頭皮の細胞の機能は頭皮血流の影響を強く受けるため、頭皮の血流が悪いと白髪の発生率も有意に上昇します。この頭皮の血流にストレスとの関連性があるのです。

 

ストレスを受けると興奮を司る交感神経が亢進し、その結果として血管が収縮し血圧が上昇します。

 

この血管収縮が様々な問題となり、普段からストレスを受けている方は常に血管が狭まっていることにより動脈硬化が進んだり末端の血流不足が凝りや冷え性を発生させたりします。そして、頭皮への血流不足による問題の一つに白髪もあるということなのです。

 

ストレスによる頭皮への影響は白髪に限りません。血流が不足するということはそもそも抜け毛の原因でさえあります。頭皮の血流が不足すると毛髪の生育や色素を含む必要な成分の受け渡しの全てが不全となる可能性があり、あらゆる毛髪トラブルの原因となり得ます。

 

白髪とストレスに何か特別な関係があるわけではありませんが、白髪を含む様々なトラブルをストレスは発生させる可能性があります。またトラブルは毛髪に限らず体全体の健康によくありません。ストレスは極力受けない・溜めないように努力しましょう。

レーザー脱毛 メリット