小学生、中学生の白髪は病気のサイン?

白髪というと高齢者のイメージが強いもので、白髪を老いのシンボルと見る向きも多いですが、実際のところ若い人にも白髪がポツポツと生えていることがあり、小中学生にまで白髪が生えている人さえいます。

 

あまりにも白髪に似つかわしくない年齢で生えていると何らかの異常を疑ってしまうものですが、実際のところはどうなのでしょうか。

 

白髪は髪の毛にメラニン色素を供給するメラノサイトの働きが不全なことにより発生します。メラノサイトに関わらず人間は偶発的にどこかの細胞が働かないとか機能不全であるということはよくあることですので、たまたま小学生の頭に白髪が1本混じっていてもそれをもって異常だとは言えません。

 

ただし、あまりないことであるのは確かですので、小学生なのに1本だけでなくポツポツと白髪が複数本混じっている場合は原因を考える必要があります。

 

年齢を問わず白髪の原因となり得るものにストレスがあります。ストレスは血管を強く収縮させ、特に毛細血管が張り巡らされている組織の機能に大きな影響を与えます。

 

頭皮はその典型例で、常にストレスに晒されているとメラノサイトや他の頭皮の機能が不全になり、その結果として白髪や若年性の抜け毛・薄毛が発生することもあり、特に最近では多いとされています。学校生活で人間関係がうまくいっていない場合、学校がある日は毎日大きなストレスを感じるわけですから、ストレスの元を解決できるよう周りの人間が気を遣ってやる必要があります。

レーザー脱毛 メリット